3月・4月で就職が決まってない新卒理学療法士・作業療法士が効率的に内定を得る方法

● 3月・4月なのに就職先が決まってないのはまずい・・・!?
● なんとか良い職場から内定をもらう方法を知りたい。

国家試験や卒業式が終わった3月、あるいは新年度が始まった4月にも関わらず就職先が決まらずこのような悩みや疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。
そんなあなたに朗報なのが、意外にも3月下旬~4月中旬は、採用予定だった新卒者が国家試験に不合格となった穴埋めで求人が一気に増え、さらに優良な職場でもライバル不在で楽に内定がもらえる時期であるということです。

しかし、3~4月は退職・異動・新体制スタートで各職場ともバタバタしており、職場のホームページの採用募集ページが更新されていないこともあり採用募集しているか分からないことが多いです。
その解決策として、転職サイトを利用することをおすすめします。転職サイトは数多くの求人を一気に確認でき、アドバイザーから希望に合う求人の紹介、面接練習など手厚いサポートまで受けられるため内定をもらう確率を高めることができます。

【おすすめの転職サイトBEST3】
No.1:PT・OT・STワーカー
公開求人数が最多でサポート体制も充実!
No.2:マイナビコメディカル
マイナビが運営する安心の求人サイト
No.3:PT/OT人材バンク
良質な求人が多く、年間の利用者数は約1.1万人!

それでは、本記事では3月・4月の新卒理学療法士・作業療法士の採用状況や失敗しない職場探しの方法について紹介します。
まだ採用が決まっていない方はぜひチェックしていってください。

3月・4月で就職先が決まっていない新卒理学療法士・作業療法士は意外と多い

pt-ot-st-recruitment-of-new-graduates

冒頭でお伝えした通り、3月・4月でも就職先が決まっていない新卒の理学療法士・作業療法士は意外と多いです。
その主な理由は下記2点が多いです。

理由①:国家試験に落ちる可能性があり就活を控えていた

最も多いのが国家試験に落ちる可能性があり、就職活動を控えていたといケースです。
職場から内定をもらっていても、国家試験に落ちると理学療法士・作業療法士としての仕事を行えないため、学校からも今後の信用に関わるからと就活することを控えるように伝えられることも少なくありません。

理由②:面接などが苦手で不採用が続いた

次に多いのは就活はしていたが、不採用が続いてしまい内定をもらえないまま3月・4月になってしまったというケースです。
この場合は、倍率の高い人気の職場を狙い続けた、面接が苦手で上手くアピールできなかったと様々な理由が考えられますが、いずれも上手くあなた自身の強みを伝える工夫が必要となります。その対策については下記に詳しく紹介していきます。

国家試験の合格発表後はレア求人が出る可能性が高い

pt-ot-st-recruitment-of-new-graduates

それでは、3月・4月に内定をもらっていなければ理学療法士・作業療法士として働けないのかというと、実はそんなことはありません。
国家試験の最近の合格率は、理学療法士・作業療法士ともに約85%であり、裏を返せば約15%の職場が採用予定であった新卒者の採用枠が消えたことになります。

そのため、採用予定であった新卒者が入職できないともなれば各職場は急いで新規採用募集を掛け直すことから一気に求人数が増えることになります。
つまり、給料が高い、研修が充実しているなど通常の採用募集時には内定倍率は非常に高い職場でも人員補充を急いでしたいためにすんなり就職できることも珍しくないわけです。

3月・4月に希望条件に合う求人を探す3つの方法

pt-ot-st-recruitment-of-new-graduates

それでは、3月・4月に新卒の理学療法士・作業療法士の採用募集をかけている職場をどのように探せばよいのかについてですが、主には3つの方法があります。

【希望条件に合う求人を探す3つの方法】
① 学校の先生に聞く
② 各職場のホームページで求人情報を確認
③ 転職サイトを利用する

それぞれメリット、デメリットがありますので、詳しく紹介していきます。

① 学校の先生に聞く

学校には各職場から急いで採用枠を埋めたいとの連絡が入ることが少なくありません。
そのため、学校の先生に確認を取ることであなたが働きたいという職場から急遽求人募集がかかっていることを把握することができます。

学校に直接連絡を入れるくらいなので、採用される可能性は非常に高いため確認するメリットは大きいです。
しかし、あくまで連絡があった職場のみの情報となるため、情報が大きく偏るために実は優良求人が出ていたのに見落としてしまう可能性が高いことがデメリットといえます。

② 各職場のホームページで求人情報を確認する

次にあなたが気になる病院やクリニック、老健など各職場のホームページを片っ端から求人募集をかけていないか確認するという方法があります。
3月・4月にはホームページのトップページに「新卒理学療法士 急募!」といった案内が掲載されていたり、採用募集枠に案内されているため、ひたすら確認することで求人募集しているか否かを把握することができます。

ただし、採用募集を掲載したままになっているだけですでに募集が終了していること、急な募集のためにホームページに求人案内が載っていないこともあります。
そして、なにより時間がかかるため求人募集している職場を探すにはかなり効率が悪く、採用枠が一気に増えて、一気に減る大切なこの時期は時間との戦いですので最適な方法とはいえません。

③ 転職サイトを利用する

そこで、最もおすすめするのが転職サイトを利用することです。
転職サイトとは、大手になれば3~4万件のリハビリ職の求人を保有し、担当アドバイザーがあなたの希望条件に合った職場を紹介してくれる完全無料の人材紹介会社です。

転職と名前が付きますが、学生でも利用することが可能であり、特に国家試験の自己採点がクリアしている、あるいは合格している場合はさらに利用することは問題ありません。
下記に転職サイトを利用するメリットについて詳しく紹介していきます。

転職サイトを利用する5つのメリット

pt-ot-st-recruitment-of-new-graduates

数多くの求人を一気に確認できる

人気の転職サイトである『PT・OT・STワーカー』、『マイナビコメディカル』、『PT/OT人材バンク』は3万件以上のリハビリ職向けの求人を保有しています。
さすがに約3万件以上もの求人を取り扱っているため、あなたの希望条件に合う職場が含まれている可能性が高く、効率的に求人募集を把握することが可能です。

希望条件に合う職場を提案してもらえる

そして、どの転職サイトも登録することで担当アドバイザーが付いてもらえるため、あなたの希望条件を伝えることで希望に合う職場をいくつもピックアップして紹介してもらえます。
たとえば、自動車通勤可能、研修が多い、年収〇万円以上など細かな条件提示も行えるため、職場には聞きにくいことでも遠慮なく確認して求人を見つけることができます。

履歴書の書き方・面接の練習を行ってもらえる

転職サイトを利用すると数多くの理学療法士・作業療法士の転職を手助けしてきたアドバイザーから履歴書の書き方や面接についての指導を受けることもできます。
そのため、 今まで不採用が続いて何を改善すれば内定をもらえるのか不安になっている方、自分にはアピールすることがないと自信がない方にとっては心強い味方になってくれます。

職場とのやりとりを一手に引き受けてくれる

3月・4月の求人が一気に増えて一気に減るこの時期は、いかにスピーディーに動けるかが重要になります。
転職サイトでは、数多くの求人の中からあなたの希望条件に合う職場を的確に案内してくれることはもちろん、見学日の設定や書類送付など事務的な手続きを一手に引き受けてくれるため、あなたは職場選びに専念できる点もメリットといえます。

すべて無料で行ってもらえる

転職サイトは利用登録・求人案内・気に入らなければ退会することを含めてすべてこれらのサービスが完全無料で受けられます。
そのため、転職サイトによって保有している求人が異なるため、2~3つ同時に登録して一気に気になる求人を集めていくことをおすすめします。

新卒理学療法士・作業療法士にもおすすめの転職サイトBest3

pt-ot-st-recruitment-of-new-graduates

転職サイトの利用にあたっては公開求人数が非常に多く、サポート体制が充実している『PT・OT・STワーカー』、『マイナビコメディカル』、『PT/OT人材バンク』がおすすめです。

いずれもリハ職の求人数が3万件以上と非常に多く、評判の良い人気の転職サイトとなっているため、あなたの就活を手助けしてくれる心強い味方となってくれます。3つ合せて利用することで大半の求人を漏れなく把握することが可能となり、効率よく気になる職場を探すことができます。

1.PT・OT・STワーカー

ptotstworker

『PT・OT・STワーカー』は、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の公開求人数No.1を誇る転職サイトです。
約4万件もの求人数を取りそろえているため、数多くの求人の中からあなたにぴったりの転職先を探すことができます。

年収500万円以上や年休130日以上など優良求人も多く、利用者満足度が非常に高い人気の転職サイトとなっています。
また、履歴書の書き方や面接での対応に不安がある方は何度でもアドバイスを受けられるなどサポート体制も充実しています。

こんな方におすすめ!
・多くの求人の中から就職先を選びたい
・利用者満足度の高いサイトを利用したい
・求人情報や面接対策などしっかり教えてもらいたい

2.マイナビコメディカル

mynavi-co-medical

『マイナビコメディカル』は、転職業界大手・マイナビが運営しており、豊富な転職ノウハウを基に最適なアドバイスをもらうことができます。
また、関東に4ヶ所、東海・関西に各2ヶ所、北海道・中国地方に各1ヶ所の支社があり、全国の幅広い情報を収集しています。

そのため、手厚くサポートを受けたい方、就職先の細かな情報まで知りたい方にもおすすめできる転職サイトです。
分野別の求人数に関しては、病院や施設、訪問リハビリ分野の転職先が多い点が特徴となっています。

こんな方におすすめ!
・はじめての転職でサポートを受けたい
・細かな情報まで教えてもらいたい
・病院、施設、訪リハ分野に就職したい

3.PT/OT人材バンク

pt-ot-jinzaibank

『PT/OT人材バンク』は、2008年から運営を開始しており、年間1.1万人が利用するリハビリ分野に特化した転職サイトです。
新着の求人情報が入り次第、小まめに連絡してもらえるなどサポート体制が特に充実しているのが特徴です。

デイサービスやデイケアなどの通所分野の転職案件を多く保有しているため、通所分野に転職希望の方はぜひ利用したい転職サイトとなっています。
上記のPT・OT・STワーカー、マイナビコメディカルと合せて利用することで大半のリハビリ職の求人を把握できるため、3つの転職サイトを併用して利用することをおすすめします。

こんな方におすすめ!
・長い運営実績の転職サイトを利用したい
・新着情報をこまめに連絡して欲しい
・通所分野への就職を検討している

転職サイトの登録から内定までの流れ

pt-ot-st-recruitment-of-new-graduates

きっと、転職サイトを利用することがはじめてだと思いますので、簡単に登録から転職までの流れについて紹介していきます。

① 利用登録をする

まずは、上で紹介した利用者満足度が高い転職サイトの利用登録画面にて、電話番号やメールアドレス、転職先に求める条件などを1~2分程度で入力できる簡単な情報を入力します。
希望条件が漠然としている方はとりあえず思いつくことを入力する程度で現時点では問題ありません。

② 初回のカウンセリングを受ける

登録当日~数日の間に転職サイトから電話があり、あらためて就職先に求める希望条件などについて確認をしてもらえます。
カウンセリングというと気構えてしまいそうですが、転職サイトのスタッフは経験豊富な方が多く、色んな角度から今の悩みを聞き取ってくれますので質問に答える程度でも問題ありません。

③ 随時、相談・求人の紹介を受ける

初回もしくは数回のカウンセリングを基にあなたの転職先に求める条件を満たした求人を随時メールもしくは電話にて案内してもらえます。
気に入れば詳しく条件を聞いたり、ピンとこなければあらためて探してもらうことができます。

色んな求人を見る中で希望する条件が変わることもありますが、その場合でも連絡することで条件を変更して再度探してもらることができます(自分自身で就職先に求める条件がはっきりしており、相談する必要がない方は転職サイト内の求人情報を閲覧するだけでもOK)。
また、気になる職場が見つかった場合には自分で直接聞きづらい質問(残業時間や昇給額など)でも転職サイトの担当者が代行して職場に聞いてもらえるので安心です。

④ 働きたい職場が見つかったら応募する

いよいよあなたが働きたいと思える職場が見つかったら応募します。
職場への見学日や面接日の設定なども調整してもらうことができます。

まとめ

pt-ot-st-recruitment-of-new-graduates

本記事では、3月・4月なのに就職先が決まっていない新卒理学療法士・作業療法士向けに効率的な職場探しの方法について紹介しました。
国家試験の不合格に関連して一気に求人が増えて、そして一気に求人が減ってしまうこの時期は、いかに早く動けるかが重要となります。

そのためには、数多くの求人を保有し、求人案内や事務手続きを行ってくれる転職サイトを利用することをおすすめします。
重要なこの時期の就活に失敗しないためにも求人情報が豊富で利用満足度が高い下記3つの転職サイトを利用することをおすすめします。

【おすすめの転職サイトBEST3】
No.1:PT・OT・STワーカー
公開求人数が最多でサポート体制も充実!
No.2:マイナビコメディカル
マイナビが運営する安心の求人サイト
No.3:PT/OT人材バンク
良質な求人が多く、年間の利用者数は約1.1万人!